アポスティーユ (Apostille) とは、「外国公文書の認証を不要とする条約」(ハーグ条約)が定めているもので、駐日領事による認証に代わり公文書に外務省、公証人役場等が実施する付箋による証明のことです。

 

公印確認と異なり、公文書に直接押印せず付箋を付与します。

 

これにより駐日領事による認証がなくとも、駐日領事の認証があるものと同等のものとして、提出先国で使用することが可能となります。

 

対象はハーグ条約(認証不要条約)加盟国ですが、加盟国であってもその用途によって、駐日領事の認証を必要とする公印確認を要求する機関もあります。

外国公文書の認証を不要とする条約(英: Convention Abolishing the Requirement of Legalisation for Foreign Public Documents、仏: Convention Supprimant l'Exigence de la Légalisation des Actes Publics Étrangers)は、外国公文書に関する認証(legalisation)を要求する制度の廃止を定める多国間条約です。

 

外国の政府や地方自治体が発行した文書(外国公文書)を国内の民事上の手続に使用する場合、多くの国では当該文書が真正に成立したことを外交官等が証明することを要求していました。

 

たとえば、日本の市役所が発行した公文書を使用する場合、日本国内であれば市長の公印が押されているのでそのまま使用できる一方、フランスの自治体に提出するためには、この文書が間違いなく市役所の発行したものであることを外務省で証明し、それに基づいて駐日フランス領事から証明を受けるという手続を踏む必要がありました。

 

この手続を認証(legalisation)と呼びますが、煩雑であり時間を要するので、認証を不要とすることが望まれていました。

 

本条約はこのような認証手続を不要とし、領事による認証に代えて発行国政府の作成する一定様式の証明書(アポスティーユ)の付与のみで足りることとしました。

 

本条約はハーグ国際私法会議における審議の結果、1961年に採択され、イギリス・フランス・ユーゴスラビアの批准書寄託により、1965年に発効しました。

 

日本は1970年に批准し、同年1970年7月27日に発効しました。日本はもともと外国公文書の認証を要求していませんでしたが、これにより他の当事国において日本の公文書を使用するのが簡易となりました。

 

1990年代以降本条約に加入する国が相次いでいるため、アポスティーユのみで足りる地域が拡大しています。

 

2008年5月現在の当事国数は93か国です。 

 

なお中国は香港特別行政区およびマカオのみが適用範囲です。

ハーグ条約(認証不要条約)の締約国(地域)

平成29年9月18日現在


ア行

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アメリカ合衆国、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ

 

イギリス(英国)、イスラエル、イタリア、インド、ウクライナ

 

ウルグアイ、ウズベキスタン

 

エクアドル、エストニア、エルサルバドル

 

オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ

カ行

カーボヴェルデ、カザフスタン

 

キプロス、ギリシャ、キルギス

 

グアテマラ、クック諸島、グレナダ、クロアチア

 

コスタリカ、コソボ、コロンビア

サ行

サモア、サンマリノ、サントメ・プリンシペ

 

ジョージア

 

スイス、スウェーデン、スペイン、スリナム、スロバキア、スロベニア、スワジランド

 

セーシェル、セルビア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント、セントルシア

タ行

大韓民国、タジキスタン

 

チェコ、チリ

 

デンマーク、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トリニダート・トバゴ、トルコ、トンガ

ナ行

ナミビア

 

ニウエ、ニカラグア、日本、ニュージーランド

 

ノルウェー

ハ行

バーレーン、バヌアツ、パナマ、バハマ、パラグアイ、バルバドス、ハンガリー

 

フィジー、フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ブルネイ、ブルンジ

 

ベネズエラ、ベラルーシ、ベリーズ、ペルー、ベルギー

 

ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ポーランド、ポルトガル、香港特別行政区、ホンジュラス

マ行

マーシャル諸島、マカオ特別行政区、マケドニア(旧ユーゴスラビア共和国)、マラウイ、マルタ

 

南アフリカ共和国

 

メキシコ

 

モーリシャス、モナコ、モルドバ、モロッコ、モンゴル、モンテネグロ

ラ行

ラトビア

 

リトアニア、リヒテンシュタイン、リベリア、ルクセンブルク、ルーマニア

 

レソト

 

ロシア

なお、上記の締約国の他、次の諸国の海外領土(県)でも使用できます

 

フランス:グアドループ島、仏領ギアナ、マルチニーク島、レユニオン、ニューカレドニア、ワリス・フテュナ諸島、サンピエール島、ミクロン島、仏領ポリネシア

 

ポルトガル:全海外領土

 

オランダ:アルバ島、キュラサオ島、シント・マールテン島

 

イギリス:ジャージー島、ガーンジー島、マン島、ケイマン諸島、バーミューダ諸島、フォークランド諸島、ジブラルタル、モンセラット、セントヘレナ諸島、アンギラ、 タークス・カイコス諸島、英領バージン諸島

  1. 当社は、このウェブサイトに情報を掲載するにあたり、十分に検討・確認作業を行っておりますが、その内容に関し、その正確性、有用性、確実性、安全性、特定目的に対する合目的性その他いかなる保証もするものではありません。

    コンテンツ等のご利用により、万一何らかの損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

  2. 当社は、ウェブサイト構成、利用条件、URLおよびコンテンツなどを予告なしに変更または中止したり、ウェブサイトの運営を予告なしに中断または中止することがあります。

    なお、当社は理由の如何に関らず、これらの変更及びこのウェブサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。

  3. このウェブサイトから、もしくはこのウェブサイトにリンクをしている当社以外の第三者のウェブサイト(以下「リンクサイト」と称します)の内容は、それぞれ各リンクサイトの運営者の責任で管理されるものであり、当社の管理下にあるものではありません。

    また、当社とリンクサイトとの間に提携などの特別な関係があるということを意味するものではありません。当社は、リンクサイトの内容について、それらのご利用により生じたいかなる損害についても責任を負いません。

 

お見積りは無料です。

お気軽にお問い合わせください。

Email  info@mtcgo.co.jp

株式会社 MTC

〒456-0073

名古屋市熱田区千代田町 8-24

電話:052-678-7378

Fax:052-678-6372

Email: info@mtcgo.co.jp 

 

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

 

 

 

 

 

 

弊社代表 奥村 の Blog